読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の出来事

仕事は今日はいろんな人にいろんな頼まれごとをして、本業がはかどらない日であった。自分は今の部署の責任者という立場なんだけど、やっぱり周りからそう扱われているんだな、と思って。

今までそういう責任ある立場に立ったことがないので、なんだかまだ良くわかっていない感じだ。

長年JCBのアルバラというカードを使ってきた。そこで20万くらいリボ払いの残金が溜まっていたのだが、今月一括精算した。今後はその月使った分払っていく形にしたい。

結婚に向けて抱えてきた借金をチャラにしたいと思ってきたがようやくそれが整ったというところだ。これからは無駄遣いをせずに貯金をどんどんしなければならない。そういうことを考えずに来たので、うまくやれるか分からないけれど、やるしかないのだ。

今日はその長年の残金を精算したのを確認したので、ちょっといい気分になった。

家に帰ってきて、アニメの新番組の録画を少し見た。

クロムクロはP.A.WORKSの15周年記念アニメだが、同社の作風である青春モノとは異なり、学園ロボットアニメだという。どうなることやらと思っていたが、マジンガーZガンダムエヴァンゲリオン系譜を引く正統派ロボットアニメの臭いを感じ画面に釘付けにされたので見る価値はありそうだ。

甲鉄城のカバネリは、進撃の巨人の監督荒木哲郎氏のオリジナルアニメーションだ。情報の絵的にもお話的にも、情報の詰め込み具合がちょうどいい。この吐きそうになるギリギリまで情報を詰め込まれる、しかしギリギリ吐きはしない感じ。あるいはターキーにスタッフィングをみっしりと詰め込む感じ。これは富野アニメで感じることであり。荒木哲郎氏はGレコに参加して、この感覚を学んであろうかなんて単順な感想を持った。

大河内一楼氏の脚本もいい。この人は「業」についての深い物語を書かせるとすごくいいお話を書くと感じている。美樹本晴彦氏のキャラクターデザインも、こんな今時のデザインをあげてくるとは、美樹本氏もまだまだお若い、と感じた。富野由悠季的に言えば「マンコを舐めたくなるキャラ」が揃ってる感じだ。