読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフィリア・サーガ・イースト ワンマンライブ at Duo Music Exchange

music

本日、アフィリア・サーガ・イーストの初のワンマンライブへ行ってまいりました。

最近活動の、いったんの集大成といえるアルバムを発売したアフィリア・サーガ・イースト
志倉千代丸桃井はるこのダブルプロデュースでかわいい女の子たちが歌い踊るという、俺得すぎるこのガールズボーカルユニットに、むそーがはまり始めたのは第三弾シングル「放課後_ロマンス/教育的指導!」が発売されてからでした。特に教育的指導!のかわいい電波曲っぷりにもうメロメロとなり、また放課後_ロマンスの千代丸節全開のロマンチックでかっこいい楽曲にもやられました。その後もコンスタントにシングルを発売し、つんく作曲の「ニーハイ・エゴイスト」などでも注目を集め…
ついに、このワンマンライブの時を迎えたのです。


思えば地道に活動を続けてきたアフィリア・サーガ・イースト。多くの地下アイドルイベントやゲーム関連のイベントで歌うこともありました。むそーも何度か現場に足を運んで応援しました。ワンマンでないイベントなどではやはり3,4曲しか歌うことはできず、もっと!もっともっと!サーガの曲を聴きたい、歌い踊る女の子たちを見たい、という思いは遂げられません。
Duo Music Exchangeは、アフィリア・サーガ・イーストのファンたちの、もっと!もっともっと見たい聴きたい!というピュアな思いに満ちた至福の時空間でした。
また、アフィリア・サーガ・イーストの女の子たちの「私を見て、そして名前を呼んで!」という邪気の無い思い、パフォーマンス、それがステージからあふれんばかりに発露されていました。その姿のまぶしいこと!ファンの私たちも彼女たちを見つめ、そして名前を呼んだのです。邪気の無い双方の思いが通い合う場所。そしてそれが、長く長く続くワンマンライブという素敵な時空間…
むそーもその時空間の中でやはり彼女たちを見つめ、名前を呼び、声を上げ、手を振り、ともに歌い、踊り、楽しみました。楽しみ切りました。久しぶりに、ほんとうに楽しみ切ったライブだったなと思います。
そしてピュアな感情はいつもはセーブしている感情がどばっと出てくるもので…桃井はるこPが彼女たちの初めてのアルバム「Whitism」のために、そして何よりアフィリア・サーガ・イーストとそのファンたちのために書き下ろした「飛行実習〜Learn To Fly〜」を聴いたとき、そしてアンコールで「ルミナスの泉」を聴いたときには、歌詞が頭の中に流れ込み、自分のアフィリア・サーガ・イーストへの思いと反応して泣きそうになる感情がぐぐうぅ、とこみあげてきましたね。

キミと共に 描いた 想い出には 大事な夢も涙もあって
この道順が たとえ 遠回りでも 意味があるよ 輝くルミナス
”ルミナスの泉”より

僕らがつなぐ 夢の地上へと
降り立った 女神のように
Learn To Fly !(Fly!) Learn To Fly !(Fly!)
誰よりも輝いてね…
この魔法(ちから)を信じて!
”飛行実習〜Learn To Fly〜”より

アフィリア・サーガ・イーストとファンたちの物語は、新たなる始まりを迎えたばかり。物語は続きます。が、ひとまずワンマンライブ、大成功おめでとう!ばんざーい!