読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃井はるこの超!モモーイ第129回(最終回)

終わってしまいました…最終回です(涙)。聴き始めてから結構浅かったですが、ほぼ毎回リアルタイムで、土曜日深夜4時聴いていました。聴き逃してしまったときにはニコニコアニメチャンネルで聴きました。毎週の楽しみであり、週末を楽しく過ごすための活力だった番組。終了はほんと残念です。
超モモとの出会いをメールで募集してましたが、ほんとに思い出せなくて…ニコニコアニメチャンネルだったかな…そもそも桃井はることの出会いがなんだったのか、今ではモモーイが自分の人生に深く入り込んでいてもう思い出せないくらいです。でも、リスナーのみんなの超モモとの出会いや思い出のメールなど、楽しく聴きました。そういえば超モモの殿堂のコーナーも「わ」渡辺美奈代できっちり終わりましたね。放送回数は128回の方がキリがよかったかな、なんて。
脳内彼女を紹介します」のコーナーも最後までクオリティ高くて最高でした。キャッスルナイトけんたさんの脳カノ卒業式、リアディポンの答辞にも思わず感動でした。超モモーイ!応援ページの管理人のほほーんさん(http://www.geocities.jp/dekopinnight/super_momoi.html)のメールで泣き出してしまったモモーイクレイモア萌える男さんの「桃井はるこさん、あなたにとってラジオとはなんですか?」というメールはグッジョブでした。モモーイは「ラジオは、電波に乗って全国に流れているはずなのに何でも話せる、本音を言える親友。聴いている人からも本音のメールをもらえる。パーソナリティと名乗れる、自分のパーソナルが出せる、ほんとに親友だと思ってます」という言葉が。電波の向こう側のリスナーたちを親友だと思ってもらえるなんて…ほんとラジオのパーソナリティとリスナーの関係って美しいですね。改めてラジオってすてきだなーと思いました…。
桃井はるこさん、楽しい番組を本当にありがとうございました!